2020-01-04 (Sat)
(7)内なる神と歩む道
                                  2019年1月1日

サナンダ メッセージ

新しい年の初めを皆様と共に迎えられ、たいそう嬉しく思います。
私も、大御神様と共に、こうして穏やかな一日を迎えられましたことに心より感謝いたしております。
そして、皆様方に心より愛をおくります。

日本という地にて新年を迎え、世界に先駆けて、この日本で大御神様が発信されております「新生テラ始動」についても、皆様と共に歩めますことに感謝いたします。

大御神様が、日本という地にて「新生テラ始動」を発令されることを選択されたことは、私共も少々驚きをもって受け止めておりました。
日本という地には、数多の神々が住まわれ活動しておりますし、最近は海外から日本の神秘を求め、神社仏閣を巡る人々が増えています。ここかしこに神々と触れ合える場が存在しているのが特徴でしょうか。
まさに神集う国と申せましょう。いにしえより神と共に生きてこられた名残りと申し上げるべきでしょうか。
参拝されるお姿を拝見しておりますと、多くの方々はご自身の健康や家族のことをお願いしておられる。これまで、神に願うと叶うという生き方をして参ったのですから、それを疑問に思う事はないのでしょう。
いずれにせよ、私にはその様にみえます。
それが悪いというのではありません。神と心を通わせる時を持つことは重要なことです。その一瞬の時も神の光を受けているのですから。

話を戻します。
アセンションに関しては、日本という地に比べますと、海外にてより多くの人々が目指して活動を続けて来ているという実感がございますし、多くの著名な方もおります。ですから、もしかしたら単純に考えると、新生テラ移住を叶える事も早く、そのリーダーの素質をみても、神の御心に合っているのではないかと思えるのです。

しかしながら、大御神様は、ここ日本にて始められました。
そこには、大御神様の確固たる信念、おもいがございましょう。
私共も、大御神様に声を掛けていただき、こうして日本の皆様にメッセージをお届けいたすことになっております。
日本語という特殊な言語は、多くの音色を秘めており、その言葉の発する音色が鳴り響き、波動に影響を及ぼして参るのです。
美しき良き言語が多く使われる程に、音色もたくさん奏でられ、ことたまがさきはい、宇宙空間をも浄めて広がってゆくのです。
そうした国であり、大御神様のふるさととも言える日本の地を選ばれたのでしょう。

みなさま、日本という地に生を受け、大御神様直接のお言葉を賜り、新生テラ移住という、大きな目標を示されるということに大きなお役目があるのです。
全く新しい宇宙融合の時代を迎えるにふさわしいお役目です。
今この時に、この瞬間にめぐりあえたことは、大いなる神の計らいと申せましょう。

心の奥深くに眠っているであろう神性を揺り起こし、神に仕え、日々を送ることに心掛けて、新生テラ目指しましょう。
内なる神の宿りし体を浄化し、健康を保ち、健全な精神を保つことは、神性を発揮するに必要条件となりましょう。
心身ともに浄められ、平穏な想いで過ごしておりますと、皆様と共にある内なる神もあらわれやすく、愛が大きく顔を出して参ります。
おのれが平和でなければ、愛も生まれてこないでしょう。
先ずは、おのれが健全な心身になれるよう日々努めることが大切と心得、何事にも動じない冷静な判断力と行動する勇気と愛を身につけたいものです。

次から次へとメッセージが発せられます。
表現は違っておりますが、ひとつの事を目指すための指針です。
お一人お一人、琴線に響く言葉が違いましょう。
我々も、琴線に響くことたまを発せられるよう、努力したいと思います。

    ――みなさまに たくさんの愛を注ぎます  サナンダ




クシナダ メッセージ

みなさま あけましておめでとうございます。
新たな旅立ちにふさわしい穏やかな元日となりましたね。

この度は、一挙にメッセージが伝えられておりますので、考える時間がないのではありますまいか。
ですが、考える必要はないのですね。
ただ素直に受け入れ、疑問は内なる神にたずねましょう。また、メッセージを声に出してお読みいただきますと、ことたまの力が発揮され心に響いて参ります。
繰り返し繰り返しお読みいただきたく存じます。

サナンダが言われておりますように、どの言葉、表現が皆様の琴線に響くか、私たちにもわかりませんので、お伝えする中の一言なりと、みなさまの琴線に触れ、花が開き、実を結ぶまでの固い決意が生じますよう祈っております。
ご自身が揺るぎない決意をされて歩みだし、内なる神、大いなる光と共に、新生テラ移住を目指すのであれば、そのためにどの様な行動をとり、どの様な想いを発信すると良いのかが見えて参りましょう。
内なる神の叡智が、表われてくるからに他なりません。
内なる神の存在に、想いを馳せることなく生きて来られた方々もおりましょうから、先ずは、そこをしっかりと根つかせる事が必要となりましょう。
そのためにも、日々、全てのことを内なる神に伝え、対話を重ねることが自然の流れとなるよう努めたいところです。

大御神様は、完全な愛を保持されておられます。
私共と共にある内なる神との交流を欠かさず、感謝のおもいで過ごされるなら、宿りし愛があふれて参りましょう。
私共は、大御神様のご自愛あふるる御心をお伝えいたしつつ、ぜひとも内なる神に目覚め、感謝の日々を送っていただきたいと願っております。

サナンダ、サンジェルマンの様な偉大なマスターと呼ばれる方々は完全に神と一体化されており、神の真の表現者と言われております。
今年は偉大なマスターである方々から、皆様を新生テラにいざなうために多くの導きがありましょう。
新生テラに移住するということは、神と共に生きる道なのです。
神の御心の表現者となり、日々を生きることなのです。

さあ、希望を胸に抱き、共に内なる神の輝き、あふるる愛があらわれる道を歩みましょう。

   ――サナンダと共に愛を込めて  クシナダ





b_simple_56_1M.png

関連の記事
大いなる光と共に―宇宙創生主
新生テラへのいざない(1)~(3)「Harmonic Space」より
新生テラへのいざない(4)から全ての記事を表示する

ご参照
 「ガイア・アセンション」シリーズより
 ⇒サナンダとクシナダからの協働メッセージ(4)― 日本人の大きな役目


| 新生テラへのいざない | ▲ページトップに戻る